住宅あんしん共済

特長1

100%自家運営により手頃な掛金で大きな保障を実現
  • UAゼンセンは「自家共済」なので、民間の火災保険のように収益を上げる必要がありません。
  • 組合活動で募集するので募集コストや広告宣伝費がかからず掛金が割安です。

特長2

掛金は全国一律なので安心
  • 住宅あんしん共済は、UAゼンセンを中心とした「加入者同士の助け合い」の制度です。
  • 「 相互扶助」の精神を基本としているので、民間の火災保険のように地域による掛金の差をつける必要がありません。

特長3

地震保障が基本保障にセット
  • 民間の火災保険は、風水雪害の免責、凍害は給付対象外の会社もあり、地震保険は別途「追加加入」が必要なのに対して、住宅あんしん共済には、最初から「凍害」や「地震」の保障がセットされています。
  • 自然災害特約への加入で、地震保障を更に手厚くすることができます。

特長4

加入者の死亡時に生命共済給付金をお支払い
  • 民間の火災保険には、死亡見舞金がないのに対して、住宅あんしん共済は、1口2万円(個人最高100万円、団体最高12万円)の生命共済給付金があります。

特長5

持ち家でも名義は問わず、賃貸でも加入可能
  • 民間の火災保険が本人名義でしか加入できないのに対して、住宅あんしん共済は組合員が居住している建物(他人名義でも加入可能)ならOKなので、転勤時も安心です。

特長6

築年数は問わず、加入口数でお支払い
  • 民間の火災保険は査定による実損払いで免責の場合は減額されるのに対して、住宅あんしん共済は規定による定額払いで免責がなく全額お支払いします。
  • なお、住宅区分と広さで加入口数を制限しています。

特長7

自然災害特約の付加により風水雪凍害・浸水・地震の保障を手厚くカバー
  • 基本部分の加入口数を上限に1口から加入できます。

特長8

住宅ローンに対する質権設定も可能
  • 詳細は、生活応援・共済事業局 住宅あんしん共済までお問い合わせください。

特長9

退職後の保障も「シルバー共済」への移行で万全
  • シルバー共済は、住宅あんしん共済に個人加入している方が、退職または満68歳を迎えられたときに、個人加入の期限切れ日から移行して加入できる制度です。
  • また、本人死亡の場合は配偶者で継続できます。

特長10

相互扶助の精神に則り、組合員の立場にたって運営
  • UAゼンセンは、安心の提供と保障の充実に努めています。



住宅あんしん共済



  • まず、基本部分にご加入いただき、必要に応じて自然災害特約を付加してください。(特約のみの加入は不可)

  • 「基本部分」と「自然災害特約部分」をあわせた最高給付額



  • 「基本部分」
    掛金は住宅構造により異なります。また、住宅の形態や広さにより加入口数の限度があります。
    基本部分は3口からの加入となります。(ただし、組合支所およびシルバー共済は1口から加入できます。)

  • 「自然災害特約」
    「基本部分」に加えて風水雪凍害や地震の保障を更に手厚くしたい方は、「自然災害特約」を上乗せしてください。




  • 住宅の構造区分を確認してください。また、留意点もご参照ください。

住宅あんしん共済



  • 加入資格

  • 対象となる建物

  • 加入できる建物の範囲