特長

特長1 1回の入院で初日から365日まで保障

  • 日帰り入院OK、入院通算限度日数なし

特長2 ガンと診断されたとき再発・転移しても何回でもガン診断給付金をお支払い。ガン治療において、患者申出療養制度の適用を受けたとき、ガン患者申出療養保障給付金をお支払い

※保険期間を通じて1回に限ります。また、支払事由に該当した最終の診断確定日からその日を含めて1年以内であるときは、がん診断給付金をお支払いできません。

特長3 休業保障特約の付帯で、5日以上継続した自宅療養も保障

  • 5日目から入院と通算で365日まで保障
  • 休業保障特約はUAゼンセン共済の自家運営保障

特長4 ガン診断給付金(上乗せ)特約付帯で、ガン診断給付金にさらに100万円の上乗せ給付

  • 初めてのガン、治癒・寛解後の再発・転移ガン、別の新たなガン全てが対象

特長5 ガンを含む成人病は給付が2倍

  • 入院、手術、放射線治療が対象
    ※ガン、糖尿病、心疾患、高血圧性疾患、脳血管疾患

特長6 全額自己負担となる先進医療技術料を1回につき2,000万円限度で保障

  • さらに、高額となる重粒子線治療・陽子線治療は、直接払いサービスで立替不要に。
    ※一定条件のもとで、実施した医療機関に損害保険会社から直接支払われます。

特長7 スケールメリットを活かした割安な掛金

  • 損害保険会社部分は58%の割引となっています。
    ※団体割引30%、損害率による割引40%

特長8 ガンになった方も治癒・寛解すれば加入可能

特長9 89歳まで更新可能

  • 80歳以上は加入タイプ(保障内容)が変更になります。

特長10 退職・転職時も共済継続が可能なので安心

  • 「福祉共済会」会員(年会費1,800円)で保障継続

特長

特長1 女性医療特約の付帯で、対象の病気の入院給付金が2倍

  • 「基本保障」5型、3型、C-5型、C-3型(SV-5型、SV-3型)にのみ付帯可能

特長2 女性特有の病気の他にガン、5大成人病もカバー

  • 過去の女性の全請求件数のうち約70%が対象となり、幅広く病気をサポート

特長3 乳房切除、瘢痕の形成術、外反母趾手術もカバー

  • 女性疾病だけでなく女性特有の体外部の外科手術にも給付

特長4 妊娠中でも加入可能

特長5 妊娠中の女性特有の病気も保障

特長6 異常分娩時の帝王切開手術も保障

  • 幅広く病気をサポート

保障内容・掛金

保障内容

  • まず、基本保障の加入タイプを選択いただき、その後、3つの特約から必要な特約を付加ください。(特約のみの加入は不可)

おすすめ加入タイプと掛金

[基本保障] 組合員・家族で健康な方
[移行・更新のみ(新規加入不可)] 組合員・家族で80歳以上の方
[基本保障] 組合員のこどもで23歳未満の健康な方
[特約保障] 休業保障特約
[特約保障] ガン診断給付金(上乗せ)特約
[特約保障] 女性医療特約

加入資格・手続

加入資格 ※基本保障・休業保障特約・こども特約・女性医療特約

①ご加入いただける方
  • 加入日(保障開始日)現在、満70歳未満の組合員本人およびその家族※1で健康な方。 ただし、休業保障特約は65歳未満。
    なお、加入者は、3月1日現在満89歳に達した後に到来する保障期間の終期(翌年3月1日午後4時)まで更新加入できます。
    ※1家族の範囲
  • 「組合員本人と同居または生計を同一にする配偶者・こども・両親・兄弟姉妹」、ならびに「組合員本人と同居しているその他二親等以内の親族(祖父母・孫等)」
  • 組合員1人1口のみ加入できます。
  • 組合員本人が加入しなければ、原則家族の加入はできません。
    (ただし、組合員が加入できない健康状態の場合には、家族のみの加入も認めます。この場合でも、組合員本人の健康状態の告知も必要です。)
  • こども特約の加入者は、23歳未満の未就労の未婚者とします。
②健康状態の告知(新規加入・現在より高い給付タイプヘの変更・条件付加入を削除する場合に必要)
  • 加入お申し込みの際に、健康状態の告知をしていただきます。
    ※休業保障特約には医療共済の告知は必要ありません。
③平均月収の告知
  • 休業保障特約加入には平均月収(年間所得/12か月)の告知が必要です。
  • この数字が休業保障特約加入の条件を下回る場合は、給付金の減額や悪質な場合は加入取消しとなる場合があります。
  1. ガンの一般的な治療では、手術後放射線治療や抗がん剤・ホルモン剤等による投薬治療が行われます。その後、定期検査により、内診・血液検査・MRIによる画像撮影等が行われ、異常がなければ定期検査の間隔が1ヵ月・半年・1年とあいていきます。
  2. その際、ガンに罹患された方の健康状態告知は、健康状態の告知質問2の「過去2年間の病歴の告知をどのように取扱うか(「医師の指示による検査や治療(投薬の指示を含みます)を受けたことがありますか。」という文章をどう解釈するか)がポイントとなります。
  3. 本告知において、定期検査結果が「異常なし」であった場合については、当該検査については告知の対象外となります。例えば、投薬治療・検査のみを続けていた次の例の場合、投薬治療の終了後2年が経過し、その間の定期検査結果が「異常なし」であれば、健康状態告知書は「該当なし」となります。

加入資格 ※ガン診断給付金(上乗せ)特約

①ご加入いただける方
  • 新規加入
  • 加入日(保障開始日)現在、満70歳未満の組合員本人およびその家族※1で健康な方。かつ医療共済の基本保障もしくは、こども特約に加入している方。
②健康状態の告知(ガン診断給付金(上乗せ)特約専用)
  • 加入お申し込みの際に、健康状態の告知をしていただきます。なお過去一度でもガンになった方は加入できません。
  • このホームページは制度の概要についてご紹介したものです。ご加入の際はパンフレット・重要事項説明書で詳細をご確認ください。ご不明の点はUAゼンセン共済事業局までご照会ください。
  • 引受保険会社:東京海上日動火災保険株式会社
  • 引受商品:団体総合生活保険(医療補償基本特約、がん補償基本特約)
  • 21-T01125
  • 作成年月 2021年6月